コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシモフ Kasimov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシモフ
Kasimov

ロシア西部,リャザン州の都市。州都リャザンの東北東約 120kmにあり,オカ川にのぞむ。 12世紀から知られるロシアの古都で,初めゴロデツメシチェルスキー Gorodets-Meshcherskiiと呼ばれたが,15世紀モスクワ大公ワシーリー2世がタタールのカシム・ハンにこの地を寄進して,カシモフに改名。 15世紀以来の建築記念物が保存されている。縫製,羊毛皮加工,道路建設用機械などの工業がある。郷土博物館がある。リャザンとハイウェーで連絡。人口約3万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カシモフの関連キーワード斉藤壮馬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android