コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステラーニ病 カステラーニびょうCastellani's bronchitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カステラーニ病
カステラーニびょう
Castellani's bronchitis

スピロヘータによる呼吸器病で,熱帯,亜熱帯地方にみられる。悪寒戦慄,高熱,嗄声で突然発病し,急性気管支炎症状を呈する。喀痰中に血液やスピロヘータを証明できる。4~8日で症状がとれ,しばしば慢性型に移行する。カステラーニ (1877~1971) はイタリアの医師。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カステラーニ病の関連キーワードスピロヘータ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android