コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスピの門 カスピのもんCaspian Gate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスピの門
カスピのもん
Caspian Gate

古代イランの地名。現在のテヘランから東へ 78km,砂漠の縁辺に沿って進むホラサン街道がエイバーネ・ケイの町を過ぎるとただちに通過する山間の隘路に,ストラボンらのギリシア人があてた呼称。古来,イランを東西に大きく分つ境界であり,古代メソポタミアに勃興した諸勢力の東限をもなしていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android