コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隘路 アイロ

デジタル大辞泉の解説

あい‐ろ【×隘路】

狭くて通行の困難な道。
物事を進める上で妨げとなるものや条件。支障。難点。ネック。「予算枠が隘路となって計画が中断した」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あいろ【隘路】

狭い道。狭く険しい道。 「山間の-」
物事を進めるのに障害になるもの。難関。ネック。 「 -を切り開く」
〘経〙 ボトルネック に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

隘路の関連キーワード濾・炉・爐・賂・路・露・髏・魯経済開発5ヵ年計画[大韓民国]グレアム[クレーバハウス]ホワンヤンチエ(黄洋界)ボトルネックインフレテルモピレーの戦いテルモピュライの戦哀・愛・穢・隘・靄モルガルテンの戦いアペニン・トンネルチンカン(井崗)山ヘーガーズタウンボーラーン[峠]テルモピュライ峠インフレーションカンバーランドボトル・ネックペルシア戦争ボトルネック丹那トンネル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隘路の関連情報