隘路(読み)アイロ

  • ×隘路

デジタル大辞泉の解説

狭くて通行の困難な道。
物事を進める上で妨げとなるものや条件。支障。難点。ネック。「予算枠が隘路となって計画が中断した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 狭くて通行困難な道。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「仏の拿破侖第一世〈略〉墺、以両国と戦ひ、此隘路を出没せり」
※作戦要務令(1939)一「長時間停止する場合に於ては勉めて隘路、道路の分岐点等を避け」 〔六韜‐虎韜臨境〕
② 物事を進めて行く上に妨げとなる点。支障。難点。ネック。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隘路の関連情報