カズビーニー(読み)かずびーにー(英語表記)Muhammad Qazvīnī

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カズビーニー
かずびーにー
Muammad Qazvn
(1877―1949)

イランの文学者。テヘランに生まれる。1904年に渡英、その後三十数年イギリス、フランス、ドイツにとどまり、西欧の東洋学者と協力してペルシア古典文学の写本研究に打ち込み、多くの写本を校訂、出版して東洋学に大きく貢献した。イランに帰国後、文献学的方法論を導入し、イランにおけるイラン学の基礎を確立した。主要著作には『カズビーニーの20論文』『カズビーニー覚え書』などがある。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android