コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋学 とうようがくOrientalism; Oriental Studies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東洋学
とうようがく
Orientalism; Oriental Studies

東洋を対象とし,その人文科学を研究の主体とする学問総称東洋という用語の曖昧さによってその概念や範囲は各国各人によって相違するが,現在一般に欧米ではこれを「アジア・北アフリカ」地域の研究に特定,日本では日本を含まない東洋全般の研究をさす。日本や中国を包括した東洋学の萌芽は,モンゴル帝国の出現によって,ヨーロッパ・アジア両大陸が初めて連結した時点に求められる。その結果カルピニやマルコ・ポーロらが訪れ,中国や日本に関する情報を西洋に伝えた。これによって刺激された東洋に対する関心は,16世紀以降,カトリックの布教を目的とするイエズス会宣教師によって受継がれ,彼らの伝えた東洋の国情や文物は,ヨーロッパに大きな影響を与えた。それは 18世紀に学問研究の対象となり,19世紀に各地の大学に学会や講座がおかれるようになった。現在アメリカを加えた西洋各国で,多彩な東洋学の研究が行われ,すぐれた学者や業績が生れている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうよう‐がく〔トウヤウ‐〕【東洋学】

東洋の言語文学歴史宗教哲学芸術などを研究対象とする学問の総称。18世紀以降のヨーロッパに始まる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうようがく【東洋学】

東洋学とは東洋を対象とする研究のことで,英語のOrientalism(オリエンタリズム)またはOriental Study(オリエント学)の訳語に当たる言葉であり,東方学とよぶこともある。実際の用例としては,単に東洋の事物万般に関する研究をさすのではなく,東洋の言語,文学,歴史,宗教,哲学,学術,美術,音楽など,狭義の文化を研究する学問を意味し,文献学的ないしは歴史学的な手法で研究されることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうようがく【東洋学】

東洋の言語・文学・歴史・宗教・美術などを研究する学問の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

東洋学の関連キーワードウラジミール コンスタンチノフアレクサンドル・V. コマロフニコライ ヴァインツヴァイクニコライ スイロミャトニコフアレクセイ スタドニチェンコセルゲイ チフヴィンスキーアンクティル・デュペロンカズビーニー ムハンマドT.P. グリゴリエヴァセルゲイ オルデンブルクL.L. グロムフスカヤボボドジャン ガフーロフコンスタンチン ポポフG.D. イヴァノヴァN.I. フェリドマンL.D. グリシレヴァミカエル ヴォロビョフS. ヴェルビツキーヴィクトル ヴラゾフマリヤ ルキャノヴァ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東洋学の関連情報