コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カチーナ Katsina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カチーナ
Katsina

ナイジェリア北部の都市。カノ北西約 155km,ニジェールとの国境近くに位置。 1100年頃ハウサ諸王国の都の一つとして建設,1513年頃から 54年頃までソンガイに支配されたが,16世紀末~18世紀末にはハウサ王国のサハラ隊商路の中心地として栄えた。ナンキンマメ,皮革をはじめギニアコーン,ミレット,綿花,家畜などの集散地で,製陶,染色,金属細工,皮細工などが行われる。人口 18万 2400 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カチーナの関連キーワードヤラドゥアブハリズニ族

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android