コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッショクペリカン かっしょくぺりかん

1件 の用語解説(カッショクペリカンの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッショクペリカン
かっしょくぺりかん
brown pelican
[学]Pelecanus occidentalis

鳥綱ペリカン目ペリカン科の海鳥。大形の種で、翼開長2.3メートルに達する。南北アメリカの熱帯から温帯地方の沿岸で繁殖する。ペリカン科の他種と異なり、空中から魚を目がけて海に飛び込み、袋状になっている下の嘴(くちばし)を広げ、上の嘴で魚をそこに追い込んでとらえる。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカッショクペリカンの言及

【ペリカン】より

…小型種は単独でじっと潜み,待ち伏せて魚をとらえる。アメリカ大陸の暖帯~熱帯沿岸にすむカッショクペリカンPelecanus occidentalisは,他のペリカン類のように遊泳しながらではなく,空中から餌をめがけて海に突入し,水に入った瞬間に下くちばしののど袋を広げ,その中に魚を追い込んでとらえるという特異な採餌法をもっている。ほかにユーラシア西部のモモイロペリカンP.onocrotalus,東部のハイイロペリカンP.philippensis(イラスト),熱帯北アフリカのコシベニペリカンP.rufescens,オーストラリアのオーストラリアペリカンP.conspicillatus,北アメリカのシロペリカンP.erythrorhynchosがある。…

※「カッショクペリカン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone