コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッショクペリカン かっしょくぺりかん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッショクペリカン
かっしょくぺりかん
brown pelican
[学]Pelecanus occidentalis

鳥綱ペリカン目ペリカン科の海鳥。大形の種で、翼開長2.3メートルに達する。南北アメリカの熱帯から温帯地方の沿岸で繁殖する。ペリカン科の他種と異なり、空中から魚を目がけて海に飛び込み、袋状になっている下の嘴(くちばし)を広げ、上の嘴で魚をそこに追い込んでとらえる。[長谷川博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカッショクペリカンの言及

【ペリカン】より

…小型種は単独でじっと潜み,待ち伏せて魚をとらえる。アメリカ大陸の暖帯~熱帯沿岸にすむカッショクペリカンPelecanus occidentalisは,他のペリカン類のように遊泳しながらではなく,空中から餌をめがけて海に突入し,水に入った瞬間に下くちばしののど袋を広げ,その中に魚を追い込んでとらえるという特異な採餌法をもっている。ほかにユーラシア西部のモモイロペリカンP.onocrotalus,東部のハイイロペリカンP.philippensis(イラスト),熱帯北アフリカのコシベニペリカンP.rufescens,オーストラリアのオーストラリアペリカンP.conspicillatus,北アメリカのシロペリカンP.erythrorhynchosがある。…

※「カッショクペリカン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カッショクペリカンの関連キーワードラビダ島

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android