コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッソーネ cassone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッソーネ
cassone

14~16世紀のイタリアで製作された婚礼用長持。通常外面には浮彫や象眼細工が施され,絵で飾られているものもある。しばしば結婚の贈り物にされた。伝統的には2セット作られ,それぞれに新郎,新婦の家紋が描かれた。ウッチェロボティチェリアンドレア・デル・サルトなど,イタリア・ルネサンスの主要な美術家の手に成るものも少くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカッソーネの言及

【ひつ(櫃)】より

…中世期の椅子の多くが座部に蓋付きの箱型をとりいれていることも,チェストが中世の椅子の出発点であることを示している。ルネサンス時代のイタリアでは豪華な彫刻に金鍍金(めつき)を施した〈カッソーネcassone〉とよぶ装飾用の櫃が作られたが,これはとくに婚礼用調度として重要なものであった。アメリカでもチェストは家庭で最も重要な家具であった。…

※「カッソーネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カッソーネの関連キーワードペセリーノ家具

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android