コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カツオ漁 かつおりょう

世界大百科事典内のカツオ漁の言及

【土佐国】より

…幕末には藩内で約130万俵生産されたと推定される。 漁業では古来カツオ漁が有名だが,近世以降,高岡郡宇佐(現,土佐市),幡多郡清水・中浜(なかのはま)(現,土佐清水市)などで盛んとなり,天保年間(1830‐44)には年漁獲高200万本の記録を残す。加工面では宇佐の播磨屋佐之助,中浜の山崎儀右衛門らが鰹節の改良と積出しにつとめ,江戸,上方で土佐節の名声を高めた。…

※「カツオ漁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カツオ漁の関連キーワード沖縄県八重山郡与那国町三重県北牟婁郡紀北町カツオ・マグロ漁船慶良間海洋文化館マレ(モルジブ)鹿児島県指宿市西海(愛媛県)城辺(愛媛県)渡嘉敷(村)アゾレス諸島慶良間諸島富江[町]南郷[町]枕崎[市]牛深[市]19トン型須崎[市]渡嘉敷島渡名喜島伊良部島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カツオ漁の関連情報