コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カドタメクラチビゴミムシ

百科事典マイペディアの解説

カドタメクラチビゴミムシ

鞘翅(しょうし)目オサムシ科の1種。洞窟性のチビゴミムシで日本固有種。体長5mm内外で,複眼が退化している。高知県の大内洞で発見され,1957年に新種として記載されたが,1970年代に生息地の洞窟が石灰岩の採掘によって山ごと失われた。
→関連項目メクラチビゴミムシ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android