コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カドタメクラチビゴミムシ

1件 の用語解説(カドタメクラチビゴミムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カドタメクラチビゴミムシ

鞘翅(しょうし)目オサムシ科の1種。洞窟性のチビゴミムシで日本固有種。体長5mm内外で,複眼が退化している。高知県の大内洞で発見され,1957年に新種として記載されたが,1970年代に生息地の洞窟が石灰岩の採掘によって山ごと失われた。
→関連項目メクラチビゴミムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カドタメクラチビゴミムシの関連キーワード鞘翅類甲虫穀象虫歩行虫翅鞘挙尾虫鋏虫アズキゾウムシコクゾウタバコシバンムシ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone