コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メクラチビゴミムシ

1件 の用語解説(メクラチビゴミムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

メクラチビゴミムシ

鞘翅(しょうし)目オサムシ科のチビゴミムシ類のうち主として洞窟性(地下性)のゴミムシ類の総称。体長5mm以下の小型種がほとんどで,多くの種を含む。特殊な環境に高度に適応した種では,皮膚が薄くなって色素を失い,体の後半がふくれて気室をつくり,上翅の剛毛(感覚毛)が発達し,複眼が退化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のメクラチビゴミムシの言及

【洞窟】より

…したがって,この特異な環境に適応できる動物群はひじょうに限定され,そのすべてが腐食性か肉食性である。代表的なものに,脊椎動物ではホライモリやメクラウオ,昆虫類のメクラチビゴミムシやホラトゲトビムシ,多足類のシロオビヤスデ,甲殻類のムカシエビやメクラヨコエビ,蛛形(ちゆけい)類のメクラツチカニムシやホラヒメグモ,巻貝のミジンツボ,扁形動物のホラアナウズムシなどがある。一般に皮膚が薄く,色素が消失して体色が淡くなり,目が退化してなくなり,昆虫類では羽もなくなっている。…

※「メクラチビゴミムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone