コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナダ第一運動 カナダだいいちうんどうCanada First Movement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナダ第一運動
カナダだいいちうんどう
Canada First Movement

カナダ連邦第一主義運動とも呼ばれる。 19世紀後半,コンフェデレーション直後のカナダで,オタワに住む5人の若いカナダ人が起したカナダ初のナショナリズム運動。 1868年 H.モーガン,C.メヤー,G.デニソン,T.ハリバートン,W.フォスターは,カナダの国家としての自覚,カナダ独自の文学,芸術を育成することにより,真の独立国家としての位置を獲得しようとさまざまに運動を始めた。この人々の活動がカナダ第一運動と呼ばれたのは,メンバーの一人であるフォスターが 71年に「カナダ第一,あるいはわれわれの新しい国民性について」という講演を行なったことに由来する。彼らの活動の本拠はトロントに移ってナショナル・クラブを創設し,雑誌『ネイション』を刊行した。 E.ブレークも一時カナダ第一運動を支援したが,彼がこの運動を離れて自由党へ復帰した 76年頃から,運動は衰えをみせた。カナダ第一運動は建国期のカナダにあって,人々の愛国的感情を呼起すのに貢献し,1880年代には,カナダ文学の初の開花が訪れた。 J.A.マクドナルドによる国策実現もこうした精神的土壌のうえに可能であったと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カナダ第一運動の関連キーワードエドワード ブレイク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android