コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナディアンロッキー山脈公園群 カナディアンロッキーさんみゃくこうえんぐんCanadian Rocky Mountain Parks

1件 の用語解説(カナディアンロッキー山脈公園群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナディアンロッキー山脈公園群
カナディアンロッキーさんみゃくこうえんぐん
Canadian Rocky Mountain Parks

カナダ西部を南北に延びるカナディアンロッキーを中心とした公園群。ブリティシュコロンビア州とアルバータ州の両州にまたがるバンフジャスパー,ヨーホー,クーティネーの四つの国立公園を含めハンバー,マウントロブソン,マウントアシニボインなどの州立公園や野生保護区からなる。総面積2万 3401km2。標高 3000m級の山々が連なるカナディアンロッキーの氷河や多くの湖など,大自然に恵まれ人跡未踏の場所も少なくないグリズリーオオツノヒツジヘラジカビーバーなど野生動物の宝庫でもある。 1984年世界遺産の自然遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone