カナモジカイ(読み)かなもじかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナモジカイ
かなもじかい

日本語文の表記を漢字交じりで行うのは、あらゆる意味で非能率的であるから、日本語を書き表すにもっとも機能的な「カタカナ」(とアラビア数字)だけにより、左横書きにするのがよい、と主張し、その実行を推進する団体。実業家山下芳太郎(よしたろう)(1871―1923)のカタカナ改良案(1914)に始まり、「仮名文字協会」として発足(1920)し、のち改称した。カナ・タイプライターの製作・使用もその主張・実践であり、機関誌『カナノヒカリ』(1922創刊)は現在も刊行されている(雑誌『モジトコトバ』は1930~44年)。国字改良運動のうえで長い足跡を示している。[林 巨樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android