コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナリー海流 カナリーかいりゅうCanary Current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナリー海流
カナリーかいりゅう
Canary Current

アフリカ北西岸に沿い南流する海流。メキシコ湾流の末枝が東流しポルトガル沖で南転,カナリア諸島を経て南西に流れるものをいう。西に曲って北赤道海流に合し,一部南東に転向してギニア海流に入る。北大西洋の時計の針回り環流の一部をなす。速度はほとんど1ノット未満。海流の季節変化は,北緯 20゜以北ではほとんどないが,以南では,夏はかなり狭くなって赤道反流が不明瞭になるが,冬は広くなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カナリー海流の関連キーワード大西洋北赤道海流サルガッソー海北大西洋海流大西洋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android