カナーダ(英語表記)Kaṇāda

世界大百科事典 第2版の解説

カナーダ【Kaṇāda】

インドの哲学者。前150‐前50年ころの人と推定され,別名カナブジュ,カナバクシャ(以上〈穀粒kaṇaを食う者〉の意),ウルーカ(〈フクロウ〉の意)。伝承上では,きわめて厳密な術語体系をもつバイシェーシカ学派の開祖で,この派の根本テキスト《バイシェーシカ・スートラVaiṣesika‐sūtra》(現存のものは紀元100‐200年ころの成立)を編んだとされている。多元的実在論を展開し,ニヤーヤ学派の論証学にも強烈な影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナーダ
かなーだ
Kada
(前150―前50ころ)

インドの思想家。別名カナブジュKaabhuj、カナバクシャKaabaka(いずれも「穀粒を食う者」の意)、ウルーカAulukya(「フクロウ」の意)。インドのバイシェーシカ学派の開祖であると伝えられ、また、この学派の根本経典である『バイシェーシカ・スートラ』(現存のものは西暦100~200年ころの成立)を編んだとされている。多元的実在論を主張し、ニヤーヤ学派の論証学にも大きな影響を与えた。[宮元啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる