学派(読み)ガクハ

精選版 日本国語大辞典の解説

がく‐は【学派】

〘名〙 学問上の精神、原理、研究法等を異にするため、それぞれに作られた流派。学問上の流派。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「君輩各々其学派を立つ。曰く洋学、曰く漢学、曰く国学」 〔書林清話‐版本之名称〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学派の関連情報