カナーン語(読み)かなーんご(英語表記)Canaanite

翻訳|Canaanite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナーン語
かなーんご
Canaanite

古代カナーンの地(パレスチナ)で話された、セム語族北西セム語派に属する一群の言語。ヘブライ語フェニキア語を代表とし、両言語とも紀元前1000年ごろからの資料を残す。それ以前の姿は、エジプト出土のアマルナ文書(もんじょ)(前14世紀)などから部分的に知られる。音韻面で、セム祖語の*に、*に、*がzに変化した点が特徴的である。なお、前14~前13世紀のまとまった資料をもつウガリト語を含めていう場合もある。[柘植洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android