コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバルカゼレ Cavalcaselle, Giovanni Battista

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カバルカゼレ
Cavalcaselle, Giovanni Battista

[生]1820.1.22. レニャゴ
[没]1897.10.31. ローマ
イタリアの美術史学者。 G.モレリとともに,イタリア絵画史研究の基礎を確立。 1848年イタリア統一運動に参加して捕えられたが,年来の友人 J.クロウの助力を得て 49年にロンドンへ亡命し,彼と初期フランドルの画家について共同研究を行う。 57年イタリアに復帰し美術総裁の要職につく。主著 (すべてクロウとの共著) 『新イタリア絵画史』A New History of Italian Painting (1864~70) ,『ティティアン』 Titian (77) ,『ラファエロ』 Raphael (82~85) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カバルカゼレの関連キーワードアンペール阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイマッカーティー吉雄常三嘉慶帝ジョージ[3世]

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android