コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピツラリア capitularia; capitulaire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピツラリア
capitularia; capitulaire

フランク王国カロリング朝の諸国王が発した勅令。勅令が章 capitulaに分たれて規定されたために,この名称がある。多くのカピツラリアは帝国議会で貴族の審議と承認を得て制定された。内容上,教会勅令,俗事勅令,混合勅令に分れ,俗事勅令はさらに部族法典付加勅令 (特定または全部の部族法を補充,改正を目的とする勅令で,属人法的効力をもつ) ,独立勅令 (国王固有の立法事項を制定するのを目的とする勅令で,属地法的効力をもつ) ,巡察使勅令 (国王が巡察使に与えた勅令) に分たれる。これらの勅令は帝国議会に集合した武装兵の集団に対して口頭で布告された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カピツラリアの関連キーワード国王罰令権

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android