補充(読み)ほじゅう

精選版 日本国語大辞典「補充」の解説

ほ‐じゅう【補充】

〘名〙
① 不足をいみたすこと。
※続日本紀‐神亀五年(728)三月甲子「其三関、筑紫、飛騨、陸奥、出羽国人、不補充
※俳諧師(1908)〈高浜虚子〉五二「月々八円宛は送る。足らぬ処は自分で補充(ホジュウ)の途を講じろ」
② 白地(しらじ)手形の欠けている要件をみたし、完全な手形とすること。
※手形法(1932)一〇条「未完成にて振出したる為替手形に予め為したる合意と異る補充を為したる場合」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android