口頭(読み)コウトウ

大辞林 第三版の解説

こうとう【口頭】

文書によらず、口で述べること。口上。 「 -で伝える」 〔同音語の「口答」は質問に口で答えることであるが、それに対して「口頭」は答えに限らず口で述べることをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐とう【口頭】

〘名〙 口でいうこと。こうとう
※評判記・剥野老(1662)山口類之助「山手隷堪悲、口頭(クトウ)讚不罷」

こう‐とう【口頭】

〘名〙
① ことばで述べること。口で言うことによって直接に意思を表現すること。口上
※空華集(1359‐68頃)四・謫僊「口頭説去非真説、紙上伝来豈密傅」
② 音声を発する器官としての口。くちさき。〔音訓新聞字引(1876)〕
③ 口先だけで軽薄なこと。また、口先だけのことば。〔孟郊‐択友詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口頭の関連情報