カピト(英語表記)Capito, Gaius Ateius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピト
Capito, Gaius Ateius

[生]?
[没]22
古代ローマの政治家,法律家。前 55年護民官 (→トリブヌス・プレビス ) 。ポンペイウス (大ポンペイウス) と M.クラッススの執政官 (コンスル ) 就任に反対し,クラッススのパルティア遠征を不正の侵略戦争として非難,阻止しようとしたが失敗した。のちユリウス・カエサルのもとで老兵への土地分配にたずさわった。法学者としてはサビヌス派の学祖。

カピト
Capito, Wolfgang Fabricius

[生]1478. ハーゲナウ
[没]1541. シュトラスブルク
ドイツの人文主義者,神秘主義者,旧約聖書学者。宗教改革に参加し,D.エラスムス,H.ツウィングリ,M.ルターらと交わる。『ホセア書』『ハバクク書』の注解とヘブライ語の文法書を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android