コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピト Capito, Gaius Ateius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピト
Capito, Gaius Ateius

[生]?
[没]22
古代ローマの政治家,法律家。前 55年護民官 (→トリブヌス・プレビス ) 。ポンペイウス (大ポンペイウス) と M.クラッススの執政官 (コンスル ) 就任に反対し,クラッススのパルティア遠征を不正の侵略戦争として非難,阻止しようとしたが失敗した。のちユリウス・カエサルのもとで老兵への土地分配にたずさわった。法学者としてはサビヌス派の学祖。

カピト
Capito, Wolfgang Fabricius

[生]1478. ハーゲナウ
[没]1541. シュトラスブルク
ドイツの人文主義者,神秘主義者,旧約聖書学者。宗教改革に参加し,D.エラスムス,H.ツウィングリ,M.ルターらと交わる。『ホセア書』『ハバクク書』の注解とヘブライ語の文法書を著わした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カピトの関連キーワードレヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財コンセルバトーリ美術館偽イシドルス教会法令集凱旋式[古代ローマ]オスティアアンティカアエリア・カピトリナガラテア人とその妻フォルム・ロマヌムカピトリーニ美術館ハンス ペルツィヒフォルム・ロマヌム瀕死のガラテア人カンピドリオ広場カンピドリオの丘ポディウム神殿ユウェンタスタブラリウムスタティウスペルガモン派カンピドリオ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android