コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハバクク書 ハバククしょ Book of Habakkuk

3件 の用語解説(ハバクク書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハバクク書
ハバククしょ
Book of Habakkuk

旧約聖書 12小預言書中の第8書。預言者ハバククはおそらくエレミヤ同時代人であるが,ナホム同様その生涯についてはまったく不明。文学的類型としては,苦難の時代における祭儀上の礼拝式文であったらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハバククしょ【ハバクク書 Book of Habakkuk】

旧約聖書の〈十二小預言者〉に属する預言書。この書の前半(1~2章)は預言で,後半(3章)は詩歌である。預言の部分は,エレミヤの初期の預言と似ており,カルデア人恐るべき略奪を描く。これはエレミヤの場合と同様,騎馬民族スクテア(スキタイ)の活動を指すものであろう。これは横暴な者に対する神の審判であり,信仰者の救いにつながる。著作年代は前630年ころから,ヨシヤ王の宗教改革(前622)の間である。【木田 献一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハバクク書
はばくくしょ
The Book of Habakkuk

旧約聖書』中の十二小預言書の一つ。紀元前7世紀末ごろのエルサレムで活動した祭儀的預言者ハバククの語った預言集で、前609~前598年の間に成立した。内容は、第1章で預言者の嘆きと神の応答が2回ずつ繰り返され、間接的にエジプトの圧政を訴えている。それに対して神は歴史的転換の到来を暗示する。これは、前605年のカルケミシェの戦いでエジプトを破った後の新バビロニア帝国のネブカドネザルの台頭をさしていた、と解するのが最近の解釈である。続く第2章は、これまで恐るべき横暴を働いたカルデアバビロニア)人に対する災禍預言集となっている。最後の第3章には、神顕現の賛美の歌をもってカルデア人への終末的審判が預言されているが、この部分は1947年発見の『死海文書』にはない。[吉田 泰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハバクク書の関連キーワードオバデヤ書ゼカリヤ書ゼパニヤ書ナホム書ハガイ書マラキ書ミカ書ヨエル書預言書預言者の墓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone