コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハバクク書 ハバククしょBook of Habakkuk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハバクク書
ハバククしょ
Book of Habakkuk

旧約聖書 12小預言書中の第8書。預言者ハバククはおそらくエレミヤ同時代人であるが,ナホム同様その生涯についてはまったく不明。文学的類型としては,苦難の時代における祭儀上の礼拝式文であったらしい。新バビロニアの優勢下に,エホヤキム治下のユダは略奪と暴虐の巷と化していた。ハバククはまず第1~2章において,暴力と不正がはびこっている現状を神に訴え,神の裁きの道具としてカルデア人が用いられ,やがて悪人が滅び,義人が信仰によって生きるようになると預言する。次に第3章の祈りの部分で,出エジプトをはじめとする神の恵みの歴史を回顧しながら,神の憐れみが再び戻ってくることを願っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハバククしょ【ハバクク書 Book of Habakkuk】

旧約聖書の〈十二小預言者〉に属する預言書。この書の前半(1~2章)は預言で,後半(3章)は詩歌である。預言の部分は,エレミヤの初期の預言と似ており,カルデア人の恐るべき略奪を描く。これはエレミヤの場合と同様,騎馬民族スクテア(スキタイ)の活動を指すものであろう。これは横暴な者に対する神の審判であり,信仰者の救いにつながる。著作年代は前630年ころから,ヨシヤ王の宗教改革(前622)の間である。【木田 献一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハバクク書
はばくくしょ
The Book of Habakkuk

旧約聖書』中の十二小預言書の一つ。紀元前7世紀末ごろのエルサレムで活動した祭儀的預言者ハバククの語った預言集で、前609~前598年の間に成立した。内容は、第1章で預言者の嘆きと神の応答が2回ずつ繰り返され、間接的にエジプトの圧政を訴えている。それに対して神は歴史的転換の到来を暗示する。これは、前605年のカルケミシェの戦いでエジプトを破った後の新バビロニア帝国のネブカドネザルの台頭をさしていた、と解するのが最近の解釈である。続く第2章は、これまで恐るべき横暴を働いたカルデア(バビロニア)人に対する災禍預言集となっている。最後の第3章には、神顕現の賛美の歌をもってカルデア人への終末的審判が預言されているが、この部分は1947年発見の『死海文書』にはない。[吉田 泰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハバクク書の関連キーワードエホバの証人カピト吉田

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android