ポンペイウス(大)(読み)ポンペイウス[だい](英語表記)Pompeius Magnus, Gnaeus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ポンペイウス(大)」の解説

ポンペイウス(大)
ポンペイウス[だい]
Pompeius Magnus, Gnaeus

[生]前106.9.29. ローマ
[]前48.9.28. エジプト
ローマの軍人,政治家。大ポンペイウスとも呼ばれる。第1次三頭政治の一員。 G.ポンペイウスの子。父に従い同盟市戦争に参加,内乱時には L.スラを支持。その義子となり,シチリア,アフリカに転戦,前 79年凱旋式を行なった。前 77~71年ヒスパニアの Q.セルトリウスの乱をしずめ,帰還後スパルタクスの乱の残党を討ち,再び凱旋式を行なった。絶大な人気を得て前 70年執政官 (→コンスル ) となり,スラの改革を是正。前 67年海賊征討。前 66~61年ポントスのミトラダテス6世と戦い,東方を制圧キリキアシリアパレスチナにローマの支配権を確立。前 61年3度目の凱旋式を行なったが元老院から警戒され,政治的に孤立。ユリウス・カエサル,M.クラッススとともに前 60年第1次三頭政治を起し,カエサルの娘ユリアと結婚。前 55年再度執政官就任と同時にヒスパニアの総督職を得た。前 53年元老院派と結んでカエサルと対立。前 49年カエサルの進撃で東方に逃れ,前 48年ファルサルスの戦いに敗れてエジプトに走ったが暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android