コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフカス音楽 カフカスおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフカス音楽
カフカスおんがく

カフカス地方の音楽。カフカスは,南北の交通路にあたり,民族,言語,文化は複雑をきわめ,多種の音楽が栄えた。そのなかで代表的な民族の音楽をあげる。 (1) ジョージア(グルジア)の音楽 すでに9世紀に教会音楽が普及。民謡は3部合唱が多く,さまざまな全音階を用い,終止形に特徴をもつ。 (2) アドイゲヤの音楽 民謡のなかで,男性独唱歌オレドが有名。全音階的旋法,2連符と3連符の交代を特徴とする。 (3) カバルダの音楽 古歌はレチタティーボ的で,M.バラキレフがカバルダの舞踊音楽の旋律を採用。 (4) アルメニアの音楽 シリア,ビザンチンの教会音楽の伝統を保ち,民俗音楽においてはトルコの音楽が移入された特異な存在。さらに近代には A.ハチャトゥリアンら多くの作曲家が輩出。 (5) アゼルバイジャンの音楽 古くから音楽理論が発達,多くの伝承曲が残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カフカス音楽の関連キーワードカフカス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android