輩出(読み)ハイシュツ

デジタル大辞泉の解説

はい‐しゅつ【輩出】

[名](スル)すぐれた人物が続いて世に出ること。また、人材を多く送り出すこと。「逸材が輩出した時代」「各界に人材を輩出している名門校」
「幾多の女流を―して近代的特色のある写生句をうむに到った」〈杉田久女・大正女流俳句の近代的特色〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいしゅつ【輩出】

( 名 ) スル
すぐれた人物が続々と世に出ること。 「門下から人材が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はい‐しゅつ【輩出】

〘名〙
① すぐれた人物が続いて世に出ること。立派な人材がつぎつぎと出ること。
※業鏡台(1394‐1428頃)祭薬師寺可山公文「功臣良将出一時駿厥声百世仰之」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉五「太平の持続するに従て碩儒輩出」 〔後漢書‐蔡邕伝〕
② 追随者や同調者などがつぎつぎと出てくること。
※授業編(1783)三「世に唐音をいふもの多く輩出し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輩出の関連情報