輩出(読み)はいしゅつ

精選版 日本国語大辞典「輩出」の解説

はい‐しゅつ【輩出】

〘名〙
① すぐれた人物が続いて世に出ること。立派な人材がつぎつぎと出ること。
※業鏡台(1394‐1428頃)祭薬師寺可山公文「功臣良将出一時駿厥声百世仰之」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉五「太平の持続するに従て碩儒輩出」 〔後漢書‐蔡邕伝〕
② 追随者や同調者などがつぎつぎと出てくること。
※授業編(1783)三「世に唐音をいふもの多く輩出し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「輩出」の解説

はい‐しゅつ【輩出】

[名](スル)すぐれた人物が続いて世に出ること。また、人材を多く送り出すこと。「逸材が輩出した時代」「各界に人材を輩出している名門校」
「幾多の女流を―して近代的特色のある写生句をうむに到った」〈杉田久女・大正女流俳句の近代的特色〉
[類語]出現現れ現出実現発祥再現発現現れる誕生現前具現顕現体現示現開示発露流露出土日の目を見る表現放出排出排水排気流出続出頻出百出新出初出

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「輩出」の解説

【輩出】はいしゆつ

相次いであらわれる。〔後漢書、伝〕(封事)五事。~武の世、郡、孝を擧げ、賢良學のり。(ここ)に於て名臣輩出し、・武竝び興る。の人を得たるは、數路のみ。

字通「輩」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android