コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輩出 ハイシュツ

デジタル大辞泉の解説

はい‐しゅつ【輩出】

[名](スル)すぐれた人物が続いて世に出ること。また、人材を多く送り出すこと。「逸材が輩出した時代」「各界に人材を輩出している名門校」
「幾多の女流を―して近代的特色のある写生句をうむに到った」〈杉田久女・大正女流俳句の近代的特色〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はいしゅつ【輩出】

( 名 ) スル
すぐれた人物が続々と世に出ること。 「門下から人材が-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

輩出の関連キーワードルスト, フリードリ・ヴィルヘルムカリフォルニア大学バークレー校志村けんのだいじょうぶだぁミラノ・スカラ座バレエ団エコールポリテクニーククラク, テオドールチャルトルイスキ家ジョージタウン大学西アフリカ学生同盟キングカメハメハトウショウボーイ牧阿佐美バレエ団チュリゲラ様式アズハル大学カッシウス家ミナミホマレウンブリア州カルメル会国士館大学フジキセキ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輩出の関連情報