輩出(読み)ハイシュツ

デジタル大辞泉の解説

はい‐しゅつ【輩出】

[名](スル)すぐれた人物が続いて世に出ること。また、人材を多く送り出すこと。「逸材が輩出した時代」「各界に人材を輩出している名門校」
「幾多の女流を―して近代的特色のある写生句をうむに到った」〈杉田久女・大正女流俳句の近代的特色〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいしゅつ【輩出】

( 名 ) スル
すぐれた人物が続々と世に出ること。 「門下から人材が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輩出の関連情報