複雑(読み)フクザツ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐ざつ【複雑】

[名・形動]物事の事情や関係がこみいっていること。入り組んでいて、簡単に理解・説明できないこと。一面的ではないこと。また、そのさま。「複雑な仕組み」「複雑な手続き」「複雑な気持ち」「複雑な笑い」⇔単純
「―し矛盾した心の経験は」〈藤村新生
[派生]ふくざつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくざつ【複雑】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
物の構造や物事の関係がこみ入っていること。いろいろな要素がからみ合ってわかりにくいこと。また、そのさま。 ⇔ 単純 「 -な構造」 「因果関係が-になる」 「 -な表情」 「 -な気持ち」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふく‐ざつ【複雑】

〘名〙 (形動) 重なり混じって込み入っていること。また、そのさま。
※博物学階梯(1877)〈中川重麗訳〉「多くは種々の他物と複雑して此地殻の層秩を成せり」
※神の子(1902)〈国木田独歩〉上「ただ人は社会を作って居るから、生命を保つ上に多少複雑になって居るばかりだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

複雑の関連情報