コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプサン(甲山) カプサンKapsan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプサン(甲山)
カプサン
Kapsan

北朝鮮,リャンガン (両江) 道の中部南寄りにある鉱山町。カプサン郡の郡庁所在地。ケマ (蓋馬) 高原のホチョン (虚川) 江右岸にあり,ヘサン (恵山) 市から東海岸のキムチェク (金策) 市,プクチョン (北青) へ出る道路の分岐点にあたる。マグネサイト,硫化鉄の鉱山があり,金と銅を産するカプサン鉱山もある。李氏朝鮮の時代から山間集落としてアサなどを栽培し,僻地として知られた。日本の統治期には土地を奪われた農民が原始林を開いて焼畑農業を行なっていた。現在は麦類,ジャガイモ,アワなどが栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android