コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリル酸エチル

栄養・生化学辞典の解説

カプリル酸エチル

 C10H20O2 (mw172.27).CH3(CH2)6COOC2H5オクタン酸エチルともいう.食品添加物の一つ.香料として使われる.本来コニャック油中に含まれる成分の一つ.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

カプリル酸エチルの関連キーワードイソ吉草酸アミルカプリン酸カプリン酸(データノート)グリセロールリン酸ビタミンK3

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android