コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カペナ Capena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カペナ
Capena

ローマのテベレ川西岸の古代都市。先住民ファリスキ人と近似しており,ラテン語に近いインド=ヨーロッパ語を話した。政治的にはエトルリアウェイーと結んでいたが,前 396年ウェイー破壊後ローマ領となり,以後衰えた。遺跡がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カペナの関連キーワードロマノ ムッソリーニカペルナウムコラジンマタイ貢の銭

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カペナの関連情報