コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カペナ Capena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カペナ
Capena

ローマのテベレ川西岸の古代都市。先住民ファリスキ人と近似しており,ラテン語に近いインド=ヨーロッパ語を話した。政治的にはエトルリアウェイーと結んでいたが,前 396年ウェイー破壊後ローマ領となり,以後衰えた。遺跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カペナの関連キーワードロマノ ムッソリーニカペルナウムコラジンマタイ貢の銭

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android