コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメラ・キャンペーン camera campaign

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメラ・キャンペーン
camera campaign

写真を主体にしたキャンペーン。代表的なものとして,アメリカの J.A.リース (1849~1914) が『イブニング・サン』紙において,ニューヨークのスラム街に転落していく移民の実態を『スラム街からの至急報』 (1888) と名づけ,写真と文章によるキャンペーンとして展開し,スラム街改善の世論を盛上げるのに成功した例があげられる。以後,写真による告発と証言力が認められ,数々のカメラ・キャンペーンが展開されるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カメラ・キャンペーンの関連キーワードドキュメンタリー写真福島花乃エバンズ記録写真ハイン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android