世論(読み)せろん(英語表記)public opinion

翻訳|public opinion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世論
せろん
public opinion

特定の大きな社会集団,公衆がもっているある論争的な問題についての意見,態度,判断などの一般的傾向世論調査で測定されるが,世論は社会を構成する成員個々の意見の総和であるとみるか,それをこえた力をもつ実体とみるかについては意見が分れる。現代では,世論が政治的操作の手掛りや反体制側の武器として用いられる傾向がある。また,世論形式集団や大衆運動という社会的表象についても強調されている。

世論
よろん

世論」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐ろん【世論】

せろん(世論)

せ‐ろん【世論】

ある社会の問題について世間の人々の持っている意見。よろん。せいろん。「世論を反映させる」「世論の動向」
[補説]「輿論(よろん)」の書き換えとして用いられ、「よろん」とも読まれる。→輿論補説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

世論【よろん】

〈せろん〉とも読まれる。ある社会集団の中で,成員一般に関する問題についてある程度の意見の一致を経て表明され,多数がそれを標準的と認めている顕在的意見。広義には顕在的意見の根底にある欲求や願望も含まれる。近代民主政治の政治過程と結びついて発展してきた政治学的,あるいは社会学的ないしは社会心理学的概念で,支配の正統性を求める統治体との関連において問題とされる。
→関連項目公衆国際世論ダイシー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よろん【世論 public opinion】


[歴史]
 世論は以前は〈輿論〉と表記され,古来,中国で輿(かご)かきのような庶民が政事について述べる意見や議論を意味した。表記が簡略化されて現在のように〈世論〉と改められるに従い,今日では〈せろん〉と発音され,世間一般の論と解されることも多い。また明治以降,この語が欧米の政治理論におけるpublic opinionの訳語として公論と並んで用いられるに従い,そこに政治が準拠すべき公衆publicの意見だとか世論調査に表れた有権者の態度だとかの欧米政治理論の意味がつけ加わり,その内容は多様化している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいろん【世論】

せろん(世論)」に同じ。

せろん【世論】

世間の大多数の人の意見。世上で行われる議論。せいろん。よろん。 〔戦後の漢字制限によって「輿論よろん」の代わりに用いられるようになった語。「せろん」「よろん」の両方の読み方が行われている〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐ろん【世論】

〘名〙 世間一般の議論、風説。よろん。せろん。
※文徳実録‐仁寿二年(852)一二月癸未「世論嗷々、為善愷成私曲
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「古今の世論多端にして互に相齟齬するもの」 〔陸游‐夜読了翁遺文詩〕

せ‐ろん【世論】

[補注]「世論」は、当用漢字表の公布後、「輿論」の書きかえとして用いられ、「よろん」とも読まれるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の世論の言及

【世論】より


[歴史]
 世論は以前は〈輿論〉と表記され,古来,中国で輿(かご)かきのような庶民が政事について述べる意見や議論を意味した。表記が簡略化されて現在のように〈世論〉と改められるに従い,今日では〈せろん〉と発音され,世間一般の論と解されることも多い。…

【圧力団体】より

…このような事態がいっそう進んで,重要な政策的決定が,政府と経営者団体と労働組合の三者間の協議を前提条件とする傾向が顕著化してきたイギリスや西ドイツでは,〈ネオ・コーポラティズム〉的状況さえ指摘されている。圧力団体活動の第4の側面は,世論に対する働きかけである。大衆デモクラシーの確立,マス・メディアの発展,市民意識の向上といった事態は,圧力団体の目的達成のために世論の理解を求め,さらにその支持の動員をはかることの必要性と有効性を高めてきたのであり,このような対世論活動は,間接的ロビイングとして,議会や政府に対する直接的ロビイングと対比され,またその大衆志向性のゆえに〈グラス・ルーツ・ロビイング〉とも呼ばれている。…

※「世論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世論の関連情報