コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤタケ(茅茸) カヤタケClitocybe infundibuliformis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤタケ(茅茸)
カヤタケ
Clitocybe infundibuliformis

担子菌類マツタケ目シメジタケ科のキノコ。秋に,林下草地や落ち葉の上に1個ずつ,まれに数個そろって生える。傘は丸山形,のちに広い漏斗形となり,肉は薄い。径4~12cm。表面の色は黄色-淡桃色-肉色渋色と変化する。柄は太さ 0.4~0.8cm,長さ4~8cmになる。胞子紋は白い。食用となる。北海道,本州,九州に知られ,北アメリカヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android