コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラジ Karaj

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラジ
Karaj

イラン北部の工業都市。テヘランの西北西 40kmに位置し,大テヘラン圏の一部。エルブールズ山脈南麓のカラジ川の谷口にあり,灌漑・発電・上水道用のカラジ・ダムの完成で,テヘラン近郊の工業基地となって急に発展した。食品,精糖,化学工業などの近代的工場がある。テヘランと幹線鉄道・道路で結ばれている。人口 44万 2387 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カラジの関連キーワード旧ユーゴスラビア国際戦争犯罪法廷ミロシュ・オブレノビッチ1世ミロシュ・オブレノビチマラニョン(ブラジル)カラジョルジェビッチ家スレブレニツァの虐殺カラジョルジェビチ家アレクサンダル2世オブレノビッチ家カラジャオウランドゥルカドル侯国アマゾン環境破壊アマゾン開発計画オブラードビッチジェー語系諸族マジュラニッチルーマニア演劇オブレノビチ家サン・ルイスセルビア蜂起

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android