コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスヘビ からすへび

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラスヘビ
からすへび / 烏蛇
[学]Elaphe quadrivirgata

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目ナミヘビ科のヘビ。シマヘビの黒化型で、色彩変異の一つである。無毒で、全長1~1.2メートル。黒化型はシマヘビが分布する全域にみられ、とくに伊豆大島ではすべて黒い。全身が黒色で頭部にわずか白い部分が認められる。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカラスヘビの言及

【シマヘビ(縞蛇)】より

…7~8月ごろに10~20個ほどを産卵し,40~50日ほどで孵化(ふか)する。本種の黒化型は一般にカラスヘビと呼ばれ,性質が少し荒い。伊豆大島産のシマヘビはほとんどが黒化型。…

※「カラスヘビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone