カラナウ(英語表記)Qal`eh-ye Now

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラナウ
Qal`eh-ye Now

アフガニスタン北西部,バードギサート州の州都。ヘラートの北東 140km,標高 1000mに位置する。 1964年の州再編成のときにつくられた新しい行政中心地。バザールなどが発展整備されてきている。モルガーブ川支流からの灌漑農業が行われ,周辺ではピスタシオナッツが多く産出される。シーズンとなると,住民はすべてその収穫に従事するという。人口約 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android