コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラーンモスク

デジタル大辞泉の解説

カラーン‐モスク

Masjidi Kalon》ウズベキスタン南東部の都市ブハラの旧市街にあるイスラム寺院。8世紀末に創建。現在の建物は16世紀初頭に建てられたもの。旧ソ連時代には倉庫として利用されたことがある。ブハラのシンボルとして知られるカラーンミナレットが隣接する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カラーンモスクの関連キーワードカラーンミナレット自体ジュマモスクバラハウズモスクビビハニムモスクマゴキアッタリモスク

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android