コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリポス法 カリポスホウ

大辞林 第三版の解説

カリポスほう【カリポス法】

太陰太陽暦法の一。太陽年と朔望月さくぼうげつとを一致させる方法。メトン周期の4倍の76年に、28回の閏うるう月を置いて940か月を総日数2万7759日とする。これによると一太陽年は365.25日となる。一年の端数が四分の一日であることから、中国では四分暦と称した。紀元前334年、ギリシャの天文学者カリポス(Kallippos)が考案したという。カリポス周期。 → メトン周期

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カリポス法の関連キーワードギリシア暦メトン周期四分法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android