コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリヤーン Kalyān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリヤーン
Kalyān

インド西部,マハーラーシュトラ州西部の都市。ムンバイ (ボンベイ) 北東約 50kmに位置し,ウルハス川に面する。ムンバイ大都市圏に含まれる。かつてビジャープル王国に属し,その後 1662年マラータ勢力,1780年にイギリスの支配下に入った。独立後,ムンバイ工業地帯の外周部として工業化が進み,絹製品,化学繊維,ナイロン,煉瓦,タイル,電気器具などの製造や精米が盛ん。人口 101万 4062 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android