コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルキディキ半島 カルキディキハントウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルキディキ半島
かるきでぃきはんとう
Khalkidik

ギリシア北部、マケドニア地方南部のエーゲ海に突出する半島。先端部は東よりアクティ半島、シトニア半島、カッサンドラ半島の三また状に分かれ、南東方向へ約40キロメートル突出する。カルキディキ県を構成し、面積2918平方キロメートル、人口10万6700(2003推計)。県都はポリギロスPolgyros。山がちなため沿岸の漁業と山地の放牧のほかは、経済的にあまり開発されていない。アクティ半島の先端にアトス山がそびえる。[真下とも子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カルキディキ半島の関連キーワードアリストテレステルマイコス湾テッサロニキポテイダイアアトス山

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android