カルキディキ半島(読み)カルキディキハントウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルキディキ半島
かるきでぃきはんとう
Khalkidik

ギリシア北部、マケドニア地方南部のエーゲ海に突出する半島。先端部は東よりアクティ半島、シトニア半島、カッサンドラ半島の三また状に分かれ、南東方向へ約40キロメートル突出する。カルキディキ県を構成し、面積2918平方キロメートル、人口10万6700(2003推計)。県都はポリギロスPolgyros。山がちなため沿岸の漁業と山地の放牧のほかは、経済的にあまり開発されていない。アクティ半島の先端にアトス山がそびえる。[真下とも子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android