カルシウム黒豆(読み)かるしうむくろまめ

事典 日本の大学ブランド商品の解説

カルシウム黒豆

[医療・健康]
広島大学広島県東広島市)の大学ブランド。
大学院医歯薬学総合研究科と株式会社イシカワ(廿日市市)との共同研究により開発された骨強化補助食品。天然の牡蠣殻カルシウムと、抹茶またはカカオでコーティングした黒豆を合わせ、スナック菓子に仕上げられている。黒豆は、広島中央農業協同組合(東広島市)と共に栽培に成功した黒大豆品種・いわいくろを使用。カルシウム・マグネシウム・カゼインホスホペプチドを含み、骨粗しょう症の予防・改善が期待できる。牡蛎殻との配合比を追求することでカルシウムの吸収率を高めており、一袋で一日に必要なカルシウムの7割を補うことが可能。価格は、抹茶(70g)500円、抹茶(18袋パック)2100円、抹茶(31袋パック)3600円。カカオ(18袋パック)2100円、カカオ(65g)500円、カカオ(31袋パック)3600円、ギフト(2箱セット)4500円。株式会社イシカワ取り扱い。
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android