コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルシモルフィック土壌 カルシモルフィックどじょうcalcimorphic soil

岩石学辞典の解説

カルシモルフィック土壌

石灰質の母材物質から発達した土壌で,次の主な二種類の土壌に分けられる.(1) レンジナ(renzina)は腐植質の炭酸塩土壌でB層を欠如し,母材の石灰岩の不溶性残渣を含んでいる.(2) テラ・ロサ(terra rossa)は母材の石灰岩を覆う赤い土壌[Ollier : 1969].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

カルシモルフィック土壌の関連キーワード石灰質

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android