コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルト朝 カルトちょう Karts; Āl-i Kart

1件 の用語解説(カルト朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルト朝
カルトちょう
Karts; Āl-i Kart

アフガニスタンのヘラートを首都としたゴール人の王朝 (1245~1389) 。クルト朝とも呼ばれるチンギス・ハンの西征によって破壊されたヘラートに,1245年頃土着のゴール人カルト家のシャムス・ウッディーンが現れ,モンケ (蒙哥) ・ハンからヘラート,シースターン,バルフからインドにいたる地域の支配権をゆだねられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカルト朝の言及

【クルト朝】より

…モンゴル支配下のアフガニスタンの土着政権(1245‐1389)で,ペルシア文化の護持に貢献した。カルトKart朝ともよばれる。クルト家はゴール朝の宰相の子孫で,アフガニスタン中央部山中のハイサールの城主であり,1220年代のモンゴル軍侵入に際して協力し,そのインド作戦に功績があった。同家のマリク・シャムス・アッディーンはモンゴリアへ行って,モンケ・ハーン(憲宗)から勅書を受け,ヘラートを中心として,アム・ダリヤからインダス川までの地域を支配するようになった。…

※「カルト朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カルト朝の関連キーワードアフガニスタンアフガニスタン音楽アフガンアフガンハウンドアフガン侵攻アフガニスタン戦争ヘルマンド[川]イギリス・アフガニスタン戦争バーラクザイ朝‘Abd al-Raḥmān(アフガニスタン)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルト朝の関連情報