カルト朝(読み)カルトちょう(英語表記)Karts; Āl-i Kart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフガニスタンのヘラートを首都としたゴール人の王朝 (1245~1389) 。クルト朝とも呼ばれる。チンギス・ハンの西征によって破壊されたヘラートに,1245年頃土着のゴール人カルト家のシャムス・ウッディーンが現れ,モンケ (蒙哥)・ハンからヘラート,シースターン,バルフからインドにいたる地域の支配権をゆだねられた。彼を継いだ代々の王は,イル・ハン国に仕えながらも独立を維持し,多数の文人や学者を保護してイラン・イスラム宮廷文化を発達させた。 14世紀にはイル・ハン国の衰退に乗じて一時勢力を拡大したが,やがてホラーサーンに勃興したサルバダール政権の攻撃を受け,またトランスオクシアナのチャガタイ族の侵入によりバルフ,カブールなどを失って衰え,ついにチムール (帖木児)によって滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカルト朝の言及

【クルト朝】より

…モンゴル支配下のアフガニスタンの土着政権(1245‐1389)で,ペルシア文化の護持に貢献した。カルトKart朝ともよばれる。クルト家はゴール朝の宰相の子孫で,アフガニスタン中央部山中のハイサールの城主であり,1220年代のモンゴル軍侵入に際して協力し,そのインド作戦に功績があった。同家のマリク・シャムス・アッディーンはモンゴリアへ行って,モンケ・ハーン(憲宗)から勅書を受け,ヘラートを中心として,アム・ダリヤからインダス川までの地域を支配するようになった。…

※「カルト朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android