コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルナック遺跡 カルナックいせきCarnac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルナック遺跡
カルナックいせき
Carnac

フランス北西部のブルターニュ地方にある新石器時代から青銅器時代初頭にかけての遺跡。この地方に多くみられる巨石記念物のなかで最も著名なものであり,3000本をこす立石が現在でも残っている。これらの立石は列になって並んでおり,アリニュマンと呼ばれる。この地域にはほぼ同時代の石を使用した埋葬施設が数多く残されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android