コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルヌントゥム Carnuntum

1件 の用語解説(カルヌントゥムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カルヌントゥム【Carnuntum】

オーストリアのウィーンから約50km下流のドナウ川沿岸にあった古代ローマの重要な軍事拠点,上パンノニア州都。イタリアバルト海を結ぶ商業路とドナウ川に沿った商業路の交点でもあった。初めはノリクム州の一部であったが〈第15アポロ軍団〉が移ってきた14年頃パンノニア州に加えられた。114年に〈第14双子マルス勝利軍団〉が代わって駐屯。セプティミウス・セウェルス帝の時代に町は最も繁栄したが,以後衰退し,400年頃ゲルマン人の侵入により焼け落ちた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカルヌントゥムの言及

【ドナウ[川]】より

…紀元前1世紀にはドナウ川上・中流域の南側は,アルプスを越えて北上してきたローマ軍に征服され,ラエティア,ノリクム,パンノニアの3属州に編成された。現在ウィーンの東約40kmにあるローマの遺跡カルヌントゥムは3属州に対するローマの統治基地であり,ウィーンもウィンドボナと呼ばれるローマ軍団の駐屯地であった。西暦90年ころには,ライン,ドナウ両川間でリメス(長城)の建設がはじまり,カルヌントゥム以西でドナウ川に沿って長城が築かれ,国境の防備は堅固になった。…

※「カルヌントゥム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

カルヌントゥムの関連キーワード三大都市圏ノドン弾道ミサイルオゾン層破壊オゾン層破壊大気揺れる原発耐震指針車いすマラソンノルディックスキー競歩アウシュビッツ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone