コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルバミン酸エチル

栄養・生化学辞典の解説

カルバミン酸エチル

 C3H7NO2 (mw89.09).NH2COOC2H5ウレタンともいう.実験動物の麻酔に用いられる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルバミン酸エチル
かるばみんさんえちる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカルバミン酸エチルの言及

【ウレタン】より

一般に結晶性がよく,鎮静・催眠作用をもつものが多い。 ふつう,ウレタンといわれているものは,狭義のカルバミン酸エチルエステルH2NCOOC2H5のことで,フランスの化学者デュマの命名による。すなわちurethaneはur(ouron=尿)+ethyl+aneを合成したもの。…

※「カルバミン酸エチル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルバミン酸エチルの関連キーワードウレタン(データノート)エステル

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android