カルベニシリン(英語表記)carbenicillin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルベニシリン
carbenicillin

アンピシリン,ヘタシリン,シクラシリン,スルベニシリン,ピバンピシリンなどとともに広域性ペニシリン抗生物質である。他のペニシリン類に比して広い抗菌スペクトルをもち,グラム陰性桿菌にも有効である。アンピシリンに耐性を示す緑膿菌に有効であり,大量投与が可能なので,緑膿菌感染症に用いうる数少い抗生物質の一つである。酸に耐性がないため,非経口的に投与される。一般のペニシリンと同様,毒性は低い。副作用の大部分はアレルギー性反応によるもので,すべてのペニシリン類は交差感受性を示す。使用に際して皮内テストが不可欠である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android