コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑膿菌感染症 りょくのうきんかんせんしょう

1件 の用語解説(緑膿菌感染症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

りょくのうきんかんせんしょう【緑膿菌感染症】

 緑膿菌は、土や水の中、人の皮膚や腸の中にいる毒性の弱い細菌で、健康な人に病気をおこすことはありませんが、衰弱した病人には日和見ひよりみ)感染のかたちで、抗生物質長期間使用した人には菌交代症のかたちで病気をおこすことがあります。
 ふつうは、とこずれや皮膚の傷、気道、尿路、耳、目に感染して、緑色の膿(うみ)が出る程度ですが、敗血症(はいけつしょう)をおこして生命にかかわることもあります。ポビドンヨードや消毒用エタノールによる消毒が有効で、逆性石けんやクロルヘキシジンなどは無効です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

緑膿菌感染症の関連キーワード悪性黒色腫緑膿菌化膿菌痛点火の中水の底身の皮小段ジューリング皮膚炎多剤耐性緑膿菌(MDRP)緑膿菌 (Pseudomonas aeruginosa)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone